読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松尾俊介でFisher

まだ子供が生まれる前のことですが完成したばかりのマンションを購入できまして、住まいを移すことにしたのでした。
その引越し日の作業中、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、元の形のままで運んでもらい、大した値段ではなかったのですが、追加料金が発生してしまいました。

できれば事前にどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。犬を飼い始めてそろそろ十年経つでしょうか。この子と暮らし続けるため、住まいを変えることになった時にはペットを飼っても良い、というマンションを毎回苦労しつつ、探しているのです。さて、ペット可のマンションにもいろいろありまして、理想的なのは屋上にドッグランなどプラスアルファの設備があるマンションがいいです。設備にお金がかかるせいで、家賃が少々アップしたとしてもそれでも犬と一緒にいられるなら、文句はありません。

引越しにあまりお金はかけたくないという人の頼りになる引っ越し業者といえば、赤帽以外ありません。
中でも単身引越しでは実力を発揮します。時間制の運賃料金もありますから、ご自身もドライバーと一緒に荷物を運べば時間を短縮することが出来ますから、率先してドライバーを手伝いましょう。赤帽で使う車は軽自動車なので積載量が心配かもしれませんが、単身の引っ越しの荷物であれば十分です。
世間的にも、引越し先の挨拶回りはお互いが気持ちよく生活するためにも必要不可欠ですね。贈答品については、のし付けで戸惑う方も多いようです。引っ越しの挨拶は堅苦しいものでもありませんし、外のしを使うのが一般的ですね。表書きはご御挨拶で、下には自分の苗字を記名するように指定すれば完璧ですね。

どれだけ引越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。



慣れない引っ越しなら尚更でしょう。


この苦労を減らすためには、まずは、引っ越しの計画が余裕のあるものなのか確認し、そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。計画に沿ってきちんと実行できるのであればそれが一番良いのですが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。計画にゆとりがあれば多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。多くの場合、引越しでかかる諸々の費用のうち、結構な比重を占めるものはエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。


エアコンの設置や取り外しは、専門知識のない人にとっては大変難しいので、必ず専門業者を呼びます。なので、工事費の例としては、取り付け一台で大体1万円はかかるそうです。
ですが、もしエアコンの取り外しと取り付けが、引越しプランのオプションとしてついているなら安い値段になるようですが、エアコンを荷物として移動させるだけなら、どこか別の業者に取り付けを頼むか、新しい物を購入して、店の人に取付工事と古い物の引き取りを頼むかどちらが安く済むか、また手間がかからないか、十分検討するべきです。特に大きめ荷物を運ぶ時に注意しておきたいことですが、なるべく大型家具の表面や、家電に目に見えるような傷を残したりしないようにします。新居のためのインテリアとして買った新品家具などは、市販の緩衝材などもふんだんに使って注意深く運びたいところです。


新品家具を、新居に置けると思うと嬉しくなります。
しかし、細かいキズだらけにしてしまったりすると、誰だってガッカリしてしまうでしょう。



アーク引越センターを利用して感じたこと
引越しをすると、様々な手続きをする必要が出てきます。



それらの中でも、特に大事なものと言えばやはり、自動車関連でしょう。



運転免許証の住所の変更ですが、これは本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。


しかし、大事な車庫証明の登録は忘れられていることがあります。これも免許証同様、最寄りの警察署で登録し直せますので、忘れずに免許証とセットで済ませてしまえば何度も足を運ばずに済みますよ。荷物の量や移動距離の違いで引越しにおける相場も変わることをご存知ですか?激安引越しで金銭的な負担を減らすためにも、何より先に、必要経費の大体の目安を付けるために相場を理解することが必要になります。


その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、相場の価格より安くかったり、サービスが充実した業者に頼むのが充実した引っ越しになるポイントです。


引越し作業中、業者が大きな家電などを運んでいたりすると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。もし、落下させて完全に壊してしまった、なんていった風になってしまうとガッカリしますから、なるべく、荷物の安全に気を遣う作業員がいる会社を利用したいと考えています。

転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、作業は業者と一緒に行なうようにしていますが、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。



それに、作業が原因で、荷物がダメージを受けた場合は補償を受けられますので、何もかも自分でやろうとがんばるのではなくプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。